ぺんてるオフィシャルサイト logo

2011.7.27 テレビ東京 「開運 なんでも鑑定団」で20,000,000円が付いた絵が! 「堀江幸夫 生誕100年 現代大家作品展」で一般公開

 ぺんてる株式会社(東京都中央区日本橋小網町7-2 社長 堀江 圭馬 ℡03-3667-3333) は、来る8月22日(月)~27日(土) 日本橋小網町のぺんてる本社ビルにて、「堀江幸夫 生誕100年 現代大家作品展」を開催いたします。同展で展示されるフェルナン・レジェの作品が 7月26日(火)放映のテレビ東京系列 「開運 なんでも鑑定団」に登場しました。

 「開運 なんでも鑑定団」には、弊社代表取締役社長の堀江 圭馬が出演、創業者である堀江 幸夫がぺんてる画材の素晴らしさを世の中に知らしめるために、国内外の巨匠に弊社の画材を送り、彼らに絵を描いてもらったエピソードなどが紹介されました。
 また、番組の中では、司会の島田紳助さんが、サインの際には必ず「ぺんてる筆」を使って頂いているお話なども飛び出し、なごやかな雰囲気の中で収録は進みました。
 そして、いよいよ鑑定額の発表になり、堀江社長が2百万円から5百万円程度という控えめな予測を出す中、司会の石坂 浩二さんやゲストの中村七之助さんからは、1千万円以上は間違いないとの声が掛りました。鑑定の結果は「2千万円」。「開運 なんでも鑑定団」の長い歴史の中でも西洋美術の海外の巨匠の作品(本物)が出展された事例はなく、「2千万円」の数字に会場内に大きなどよめきが起こりました。
 この作品が、単にコレクターが買い集めたものではなく、自社の画材を使って描かれたという点で、価格以上の大きな価値があると鑑定士の永井龍之介さんも評価されていました。
 フェルナン・レジェは、ピカソとならぶフランス・キュビズムの巨匠で、今回の作品は、彼の最晩年に描かれたものです。大胆な線と鮮やかな色使いで構成され、彼の真髄が凝縮した作品に仕上がっています。

 本作品は、昨年11月30日に他界した弊社創業者 堀江 幸夫の生誕100年を記念し、開催する絵画展「堀江幸夫 生誕100年 現代大家作品展」にて展示公開されます。この絵画展は、20世紀を代表する国内外の画家の作品で構成され、「開運 なんでも鑑定団」に登場したフェルナン・レジェの作品の他、同じくフランス・キュビズムの代表的画家 ジョルジュ・ブラック、昭和の日本洋画界を牽引した林 武、小絲 源太郎、「裸の大将」こと放浪の画家 山下 清など、国内外の多彩な作家の作品を一堂にご覧頂けます。
 同展は8月22日(月)~27日(土)までの6日間、日本橋小網町のぺんてる本社ビル1階特設会場にて、午前9時から午後5時(最終日27日は午後3時閉場)まで一般公開いたします。入場は無料で、どなたでもご覧頂けます。

お問い合わせ先

■ぺんてる株式会社 お客様相談室
〒103-8538 東京都中央区日本橋小網町7-2
TEL 0120-12-8133

■リリースに関するお問い合わせは
国内営業本部 営業企画部
〒103-8538 東京都中央区日本橋小網町7-2
TEL 03-5695-7214

page top