ぺんてるオフィシャルサイト logo

「ペペ&ルル」ヒストリー

「ペペ&ルル」ヒストリー

トップページへ 「ペペ&ルル」ヒストリーへ 「ペペ&ルル」ダウンロードグッズへ

生みの親は、画家「宮永岳彦」

「男の子と女の子」の絵は、1951年(昭和26年)、当時松坂屋宣伝部に在籍しながら画家として活動していた「宮永岳彦」氏が描いたのが始まりでした。宮永氏は、画家として活躍する傍ら、ポスターなどのデザイン制作をはじめ、童画、雑誌の表紙画、挿絵など、多彩な作品を残し、当時精力的に活躍をしていました。ぺんてると宮永氏の付き合いは深く、「ぺんてるくれよん」の他、「サインペン」の広告用イラスト、広告用の挿絵など、1950〜1970年代のぺんてる製品の彩りを支えたキーパーソンでもありました。

ぺんてるよいこのくれよんパッケージイラスト、ぺんてるサインペン宣伝用広告
宮永 岳彦

宮永 岳彦(みやなが たけひこ)1919〜1987年

静岡県磐田郡(現・磐田市)生まれ。名古屋私立工芸学校(現・名古屋市立工芸高等学校)卒業。1946年復員後、松坂屋百貨店銀座店宣伝部に勤務。勤務の傍ら、秦野市、東京都新宿区にて創作活動を行い、油絵をはじめ、小田急電鉄や全日空空輸のポスター、童画、雑誌の表紙画、挿絵、水墨画など、多彩な作品を残しました。 1947年「二紀会創立展」に参加。以後二紀展にて「褒賞」、「同人努力賞」、「菊花賞」等受賞。1974年「皇太子・同妃両殿下御肖像画」を謹筆。1978年「平和憲法公布記念式典図」を制作。1979年「日本芸術院賞」受賞。1980年「第一回国会開会式記念式典図」を制作。1986年二紀会理事長に就任。「紺綬褒章」受章。1987年4月19日逝去。「勲三等瑞宝章」受章。2001年神奈川県秦野市立「宮永岳彦記念美術館」開館。

「ぺんてるくれよん」パッケージの歴史

「ぺんてるくれよん」のパッケージは、1955年(昭和30年)の発売から、背景や絵柄を変えながら、少しずつデザインリニューアルしています。

「ぺんてるくれよん」パッケージの歴史

現在「ペペ&ルル」があしらわれている商品

その他、児童用画材製品のロゴマークにも使われています。

「その他、児童用画材製品のロゴマークにも使われています。

page top